■SE管理人考はサーチエンジン管理人の雑記帳的オリジナルブログです。
■当Siteの概要
多種多様なサーチエンジン制作・運営に携わる管理人の日々感やツブヤキ、そしてちょっと業務的、実務的な登録申請エピソード・関連FAQ等をブログ化したものです。
※SE=Search Eengine サーチエンジン 検索エンジンを指します。


各々のサーチエンジン模様
 サーチエンジン HAPPYニュアンス

  HAPPYニュアンス というSEは現在までにナント!大幅リニューアルを3回も…。もともとこのSEのジャンルとしては通常の一般総合SEなのだが、HAPPYというタイトルイメージに因んで個々の幸せについてちょっと考えてみよう≠ニなんとなく幸せ≠ニ言うような趣旨も存在し、スタートした。そしてスタート当初のイメージカラーは明るく・カワイイ・楽しいイメージを全面に押し出したつもりでピンク系(私も初めての試み)で統一し、バナーも文字(濃いピンク)も同様に作成し、新UPしてみた。

  ところが反応は最低だった。どうもピンク系というイメージ、HAPPYというタイトル、何か出会い系専門?或いは風俗系SEとでもとられたのだろうか?何しろドコのSEに登録申請しても却下され、また、いわゆる迷惑登録申請者さえ避けて通るような感じであった。まあただコンテンツを見て貰えば、きっと解る筈と暫く我慢してそのまま継続した。しかしまったく受け入れ体制がないようで結局断念。

  そして第2弾として、次に取り組んだのは、最初にピンクカラー系を表紙〜詳細案内ページ〜検索cgi本体ページに至るまですべて完全払拭し、自然色イメージのグリーン系にイメージカラーチェンジ!大よそたったこれだけの仕様変更で急に HAPPYニュアンス が動き出した。今までの状況がウソ見たいに改善され、新規サイト登録申請も徐々に増加し始めた。そんなにSE関係ではピンクカラー系って嫌われモノだったのだろうか?ともかく通常SE状態をようやく取り戻し、一安心だ。取り敢えず現状維持で暫く様子見した。

  一般総合サーチエンジンって何か特徴が今ひとつなく個人的にはあまり好きではない。それならむしろビジネス系≠ニかFishing系≠ニか、或いは地域指定SEのほうがテーマがハッキリしていてツカミ≠ェずっと良いように思う。

  …そんな時だった。福祉団体関係の方から「福祉」とか「ボランティア」とか「介護」とかのSEってとっても少ないし、また一般総合SEでも関連のカテゴリがほとんど皆無なんですよ〜…と云った内容のMAILをいただいたのだ。

  Google等で検索チェックしてみた。確かにそう云ったSEはナイ事はないのだが…本当に少ないようだ。そこで思い切って第3弾として福祉やポランティア、社会貢献・介護・ケアなどの新カテゴリを加え、SEサブタイトルにも併記するようにした。すると大好評となってしまった。
  一番の功労者の方は前出の福祉団体関係の方で、まず最初にご報告したところ、とても喜んでいただき、まるでご自分のことのように関係団体や関連協会などへ当Siteをご紹介いただき、これが縁となり、キッカケとなり、次から次へと何かまるで福祉の輪∞ボランティアの輪≠ナも広がっていくような感じでドンドン規模が大きくなり、現在お陰様で登録サイト数も増加し、ほんとうにHAPPYな気持ちでいっぱいです。ほんとにありがとうございます。
幾つかのSEはサブディレクリURL仕様…?
  私のほうで制作・管理・運営するSEの中にも、特にオリジナルDomainURLやサブDomainURLを取得せずにルート(ディレクトリ)ドメインからそのまま適当な下位(サブ)ディレクトリ名で運営しているSEも結構あります。
  特別な理由は有りませんが、強いて云えばルートディレクトリ全体で一元管理できる事がとても便利で手軽ということかも知れません。

  かなりの高アクセス数で人気SEでも、サブディレクトリURLのまま使用中!例えば、kmc-net.jp と云うルートドメインがあり、下位ディレクトリに http://kmc-net.jp/sd/ (商工Navi) と http://kmc-net.jp/tm/ (東名・名神SEARCH) の2つのSEがあります。
  小社では多くの独立サーバーを管理し、またDomain取得も業務内の一貫作業のため、価格的にも安価で入手でき、作業的にも至極簡単なことではありますが、特に問題もないため、現在も尚、下位ディレクトリURL名の状態で続行中です。
 商工Navi…日本商工Site Navigator

  そう云えば、以前 商工Navi へご登録いただいたユーザーの方からお問合せMAILをいただいたことがあり、その中で本文依頼とは別途のついで?にあった質問を思い出した。それは下位ディレクトリ名の sd の2文字は何の略なのかという女性の方からの素朴な?疑問だった。…そんな微妙な部分までご興味をいただき恐れ入りました。

  これは実は 商工Navi の前身というか旧SEタイトルに由来してます。当初この 商工Navi は商談≠ニいうタイトルの商業系サーチエンジンとして立ち上げておりました。まあ云ってみれば「皆さんの商談が上手く行きますように…」みたいなコンセプトで商談…つまりローマ字読みでShoDanの2文字SDを取って下位ディレクトリ名とし、商談≠ニして上手くマトマリますようにと暫く運営していたのだが、中にはどうも商談≠ニいうイメージから掛け離れたビジネスや無関係のお仕事も多々あるようで、仕事関連一般サイトの方から商談など必要ないSOHOなどは登録申請し難いとのご意見もあったりしたことから止む無く、タイトル変更に至った。

  そして現在の 商工Navi としてリニューアルした。ただその際には既にある程度、登録データ(登録サイト数)が増大していたため、ここでURLを変更するのは得策ではないとの判断から結局、そのままのサブディレクトリ名URL http://kmc-net.jp/sd/ で通してしまった次第である。
  もうちょっと内情というか実情をご説明しましょう。…つまり、新Domain取得や別途新URLへの変更自体は簡単なことですが、一つのURLやタイトルを変更するということは…おおよそダイレクトリンクしている70Site程度のSEトップページやリンクページ・バナー紹介ページなど天文学的な?箇所の変更作業となるため、とても大変な労力(面倒くさい?)であり、絶対必要以外はどうしてもチュウチョしてしまうのです。
  これが本心かも…。何だか結構ツマラナイ話しをダラダラと…。スミマセン。こんなエピソードはホカにもたくさんあります。
SEタイトル変更は…
様々な理由に依り、今までSEタイトルを変更したSEの一例紹介
以前(立ち上げ当初)のSEタイトル 現在のSEタイトル
■ビジネスSE 商談 ShoDan ■商工Navi
■東名・名神ぐるっとサーチ ■東名・名神SEARCH URLも変更
■Fishing Revolution ■Fishingリサーチャ  URLも変更
■TEXT自動登録LINK ■TEXT登録LINK
  ホカにもまだ幾つも…。そしてオリジナルDomain取得に依って新URLになったり、またルートドメイン内であっても下位ディレクトリ名の短縮や簡略化のために変更し、結果URL自体の変更という事態も案外多い…。デメリットもあって決して好ましい方法とは思わないが、JampUpの一環として、また次のステップへ移行するための手段として敢えて慣行している。

  SEタイトルについては…皆さんも同じだと思うが…名称決定する前に、Googleなどで必ず検索チェックし、既に同名が使用されていないか登録されていないか、或いは類似名称がないか等、何回も検索チェックを繰り返し、確認後に決定する訳だが、それでもマダマダ結構紛らわしいモノがあったり…。結局後々いろいろ考えるところがあり、本位ではなくても新Up後に訂正・変更に踏み切ってしまうことも…。


SE管理人考 は KMC Inc. が管理・運営し、
サイト管理人は kmc-net division
石田 甲斐 が担当。[simple profile]
SE管理人考 へのご来視 誠に カウンター ありがとうございます。