■SE管理人考はサーチエンジン管理人の雑記帳的オリジナルブログです。
■当Site概要:
多種多様なサーチエンジン制作・運営に携わる管理人の日々感やツブヤキ、そしてちょっと業務的、実務的な登録申請エピソード・関連FAQ等をブログ化したものです。
※SE=Search Eengine サーチエンジン 検索エンジンを指します。
※Not!! SE=System Engineerではありません。念のため
■SE管理人考 表紙へ戻る
■SE管理人考 Main Page
■当Siteリンク集・サーチエンジン相互リンク集
■当Siteリンク用バナー類
■当Site管理人へのMAIL
■当Site管理人の簡単なProfile


はじめに…
  大手に負けじとサーチエンジンを制作・運営されている管理人の皆さん、日々本当にご苦労様です。宜しかったら諸問題の共有や情報交換を兼ねた、発展向上のために「SE管理人連絡協議会(仮称)」でも発足させませんか。
  友人やnet知り合いの各SE管理人さん達からの話の中で最も困っているのが、やっぱり迷惑登録申請者みたいですね〜。登録規約無視というか、それでも最近は随分少なくなってきているようですよ。メチャクチャ登録や無節操登録と云ったモノが…。
私のトコロでも一緒ですよ。
  例えば地域指定SEや地域限定SEにも関わらず、まったく無関係なエリアからの登録申請とか、或いは釣りとか指定ジャンル以外は禁止であり、受付けませんと明記してあっても平気でジャンル以外のサイトを登録申請してくる。絶対に登録反映されることはないのに、なぜあんな無駄な努力をするのか疑問です。
いろいろなユーザーの方が…。
  ただズ〜っと以前、指定地域外に付き、削除したそのサイト管理人から意見MAILをいただいたことがあった。本人曰く「地域限定のサーチエンジンなんて可笑しい。神奈川県へ用事や仕事・プライベートでも埼玉県から頻繁に行く。だから登録したってイイじゃないか。誰でも閲覧できるnet環境の中で考え方が狭い、小さい、セコイ」というようなかなり憤慨された内容だった。

  確かにいろいろな考え方・捉え方があって然り。しかし当方の地域指定や地域限定サーチエンジンの趣旨は、飽くまで地元同士の地域交流や地元内の掘り起こし・活性、そして地元再発見や地元再認識など地元に根付いたものを優先させて行くためのプログラムであって、なにしろ当初は地元以外は対象外にしている。
  少し広域的なエリアを考えるのであれば首都圏版や関東地区単位で、またさらにワイドをご希望ならば全国版の各サーチエンジンが多数存在するのでソチラを活用していただきたいものである。

  …というようなご説明をさせていただいたのだが、残念ながら理解していただけなかったようで、その後も数回に亘って幾つかの各SEに無意味な登録申請を繰り返し実行されたため、当方としては致し方なく、あまり使用はしていないのだが全サーチエンジンに連動する総合アクセス制限処理をさせていただいた。
通常、登録申請削除の場合は…
  通常の登録申請削除の場合には簡単ワンクリックで登録申請を削除し、またあまりに酷い登録申請内容や登録規約違反項目が3ヶ所以上もあるものについては、迷惑登録申請扱い(ブラックリスト追加)となり、以降一切登録申請出来ないようにIPアドレスやURL・Domain名、サイト名・その他の関連項目名などにアクセス制限(登録申請ブロック)を課すケースも…。

  完全ブロック制限になると必然的に、MAILや送信フォーム内等にも同様のアクセス制限が付加されてしまう。まあそう云ったブラックリスター達はいつも習慣になっていて、次から次へと移動していくだけのことなのできっと気にもしていないんでしょうね〜。多分…。
中には悪気のない方も…
  ただ中にはほんとうに分からないまま、つまり全く悪気のないまま?異なった(違法)登録申請作業を実行されている方もいらっしゃるようで…。案外多いのがカテゴリ選択選定だろうか。登録申請サイトコンテンツとまったく無関係の、どうしてソウなるかな〜と思われるようなカテゴリにチェックが入ったり、逆に該当カテゴリ、或いはソレしかないだろうと言うような最適カテゴリがあるにも関わらず無選択だったりと頭をひねってしまうようなことが結構あります。

  故意なのか偶然?や単純ミスなのか不明の場合も多々…。ただそのサイトコンテンツを一応拝見してすぐに納得する場合も…。つまり箸棒サイト(箸にも棒にもかからぬ…)だったり、ホームページ完全ビギナーサイトだったり…。
個人的にはニガニガしく…。
  長い間、SE管理人をしていると場面場面でいろいろ解ってきたり、共通する事例も…。個人的にどうもスキになれないスタイルに無料ホームページスペースを利用した販売や営業サービス等の営利サイト運営がある。この無料HPスペースはそのWeb使用規約にもちゃんと明記してあるように、突然の名称変更、合併・統合によるURLや仕様変更、そして閉鎖を含め、一方的に行う旨を謳ってあるし、また実際に、度々運営休止・停止、そして廃止も日常化している。

…こう云ったことが前提にあるにもかかわらず、非営利サイトならば未だしも、様々な営業サービスや各種商品販売などを目的とした営利サイトが無料HPスペースを利用している事自体、何だかとても無責任な印象を受けてしまうのは私だけだろうか。(決して全部が全部とは申しませんが…。)
真夜中の蠢きは…
  そして…いわゆる深夜・真夜中・明け方などに登録申請作業をしてくる場合のほとんど(例外もあるけれど…)が迷惑登録・違法登録の常習者・違法者の場合が圧倒的に多いという事実。
身元不明?出所不明サイトは登録不可。
  ハッキリ云って当方の登録規約が特別厳しいものでは決してなく、ただただ一般的に通常の、ごく普通のサイトコンテンツであれば、その大半が何の問題もなくスンナリと登録反映させていただいている。

  簡単に言えば身元不明?出所不明サイトは登録不可であり、禁止である。まず登録反映することは有り得ない。例外として非営利パーソナルサイトについては個人が特定できないように若干緩和されている。
SE登録サイト数を増加させる…
 やっぱり各サーチエンジンも登録データ(登録サイト数)が多ければ多いほど検索ヒット高率も上がり、当然SEメリットも多大、だからこそ常に登録サイト数増加ための様々な努力をしている。…とは云っても登録規約抵触サイトが少しでも雑じっているとそれだけで台無しになる可能性も…。つまりデメリットになってしまう。

  登録サイト数を増加させるための方法はSEO…これもまたなんとホカのサーチエンジンへの登録や相互リンク、或いは通常リンク集への掲載依頼など費用を掛けずに結構コツコツとコナシテいかねばならない。まあ何でも同じだろうが何もしないでただジーっと登録申請を待っているようなことではとても優良SEには辿り着かないし、価値観の低いSEになってしまう。

  中にはSE管理人自身による厳選サイト登録を実行しているというケースもあるようだ。ただ私のように数多くの、そして様々な地域やジャンルのSEを管理・運営しているとなかなか管理人代行登録という訳にもいかず、人知れず?とても地道な作業を実践している。

  一例を紹介すると…例えば、地域限定型サーチエンジンにおいて、ある程度、順調にサイト登録申請が進み、徐々に登録データも増加している。ところが精査してみると意外にも登録カテゴリ種別に偏りがあり、肝心な、或いは高需要カテゴリだと言うのに、登録サイト件数が皆無または極端に少ないことがある。これでは折角の地元優先型・地元密着型の地域SEとして体をなさない。

  そこでGoogleなどで同地域の、同該当カテゴリサイトを検索リストアップし、片っ端から一斉にSE案内(登録要請)MAILを発信する。趣旨としては地元地域の活性や地元地域交流を掲げ、おおよそ100通〜150通程度、場合によっては200通程度をターゲットにする。

  しかしながらとても反応は鈍く、大体いつも問合せを含め、数パーセントの確率しかない。業種に因っては0と云うことも珍しくない。理由は幾つかあるようだ。一つには無料ということが何か「タダより怖いものはない?」的な、後から何か営業アプローチでもあるのでは?とか、或いは現在多忙に付き、SE登録の必要性ナシと先方が思っていたり、または案内MAILそのものをSPAMや迷惑MAIL扱いとして見ない、削除対象にするとか…そんな感じ・感覚のようである。

…因みにこの時のSP該当カテゴリは病院・医院(内科・眼科・歯科等)で、ご登録申請いただいたのは歯科医院3件だけだった。(3件もあったと言うべきなのか?)
初めて見るWebSiteでは何(どこ)に興味をもちますか?
  まず最初にSE管理人としては一応事務的に、登録規約に抵触していないかをポイントポイントでチェックします。OKならば登録完了ボタンを押して、それで終了なのですが…、個人的には必ずごく普通のリンク集ページを拝見します。
  ただその場合、何か見るからに営業色漂う相互リンク集や100件・200件と多数多種リンク集や、まる小SEのようにカテゴリ分類されたリンク集などは素通り、または敬遠しますし、見ようと云う意欲も湧きません。

  何か見たくなるリンク集とは…そのサイト運営者の方が本当に気に入って付けたブックマークサイト集のような、そして利害のほとんど感じられないリンク集、相互リンク集と云うよりも一方的な?リンク集、そしてシュミの良さがなんとなく伝わってくるようなリンク集…等であれば、興味津々でじっくりと一つ一つ見ていきます。

  別にWebPageデザインやレイアウトなどが優れている、素晴らしいという事ではなく、まるで「皆さん!こんな素敵なサイトがありますよ!」と発しているような、そんな印象を受けるリンク集ページが時々あります。…コレがホントに楽しみなんです。

  結局それらのリンク集ページに掲載されたサイトというのは、ちょっとオーバーに言えば巡り合うことのなかった?WebPageだったのかも知れないんです。一般的にGoogleなどで検索する場合、キーワードなり、地域なり、名前なり…始めから何かしら探す目的や方向性に沿って検索し、前以て予想してた通り、或いはある程度想定の範囲内で検索結果が表示されます。ですから…知りたくて知ったというか逢いたくて遇ったという感じです。
 
  しかし、前述したような一般リンク集の時は多少異なります。どんなサイトがリンクされているのか予測が付かない場合もあります。だからこそ面白いのかも知れません。モチロン期待外れリンク集も多々ありますが…、それでも思いも寄らぬサイトや「へェ〜っ」とビックリするサイト、貴重なサイトと遭遇する一つの機会でもあり、今でも欠かさずリンク集だけは期待を込めてクリックするようにしております。皆さんもぜひ!こんな観点から…。



SE管理人考 は KMC Inc. が管理・運営し、
サイト管理人は kmc-net division
石田 甲斐 が担当。[simple profile]
SE管理人考へのご来視 誠に カウンター ありがとうございます。